ブログ

「物を探す時間」がとても嫌い

「あれ、どこ行ったっけ?」

と物を探す時間、ありますか?

私は、この時間の使い方がものすごく嫌いで、物をなくすとめちゃくちゃイライラしてしまいます。

そして言い訳として

「子どもがどこかに持っていってしまう」

ということが頭に浮かんだりもするのですが、これもまたよろしくないなーと思います。

何か問題が起こったりした時には人が原因なのではなくて、それが起こってしまう仕組みに問題があるのです。

日々使う物で、その「住所」がきっちりと決まっている物というのは、「あ、あれどこ行ったっけ?」とはならないです。

我が家の場合だと、例えば

歯ブラシ
爪切り
認印
ハサミ
家の鍵

なんかは絶対になくなりません。

厳密に場所が決まってあるからです。

おそらくですが「歯ブラシ」がどこ行ったっけ?ってなる人はあんまりいないのではないでしょうか?
歯ブラシって、洗面台のいつもの場所以外に置くことないですよね。

イメージ的にはそれくらい、

「そのモノにとってぴったりのスペース」を用意してあげる、というのがポイントだと思います。

ちなみに、本日我が家で

「あれ、どこ行った?」

となったのは、体温計でした。

おもちゃ箱に入っていました。

やっぱり、これはもうしばらくは防ぎようがない・・・のか?

いやいや、人のせいにしない!

諦めずに2歳と4歳の子どもたちには、ここに置くんだよーと住所を教えてあげて、入れる場所にはテプラを貼りました。仕組みは体に染み込むまで、何度でも優しく教えてあげれば良いなと思いました。

お問い合わせはこちら

サービスに関する質問などは、お気軽にLINEでお問い合わせくださいね!

友だち追加

関連記事