ブログ

母も子どもと同じくらい成長したい

私はストレングスファインダーで最上思考がトップ5に入っています。

そういえば、子どもの頃から、とにかく何でも「もっと、良くしたい」という気持ちは強かったです。

でも年齢を重ねるうちにその「良くしたい」という気持ちを「でもどうせ1番にはなれないんだよな」という気持ちが引っ張ってブレーキをかけていて、だんだんそのブレーキの力が強くなっていくなと感じていました。

世界が広がっていくほど、「自分よりすごい人」が増えてきて、そこと比べては「なんだ、自分て全然大したことなかったんだ」という気持ちばかり成長させてしまっていました。

これは今自分の中では少し後悔していて、もっと「良くしたい」と言う気持ちを隠さずに居たほうが良かったなーと思うことがあるんだけど、終わったことはしょうがないんですよね。

過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる。

実を言うと、私の「良くしたい」という気持ちは子どもを産んでから、また少しずつ強くなっています。

その理由は

「子どもを見ていて悔しくなった」

から。

子どもって本当にすごくないですか?昨日できなかったことが今日できるようになったりする

もの凄い成長をしているのに、余裕がない時、親はつい1週間前にできるようになったことがうまくできない子どもを見て「何でできないの?」とか言ってしまう。(猛烈反省)

そういう反省を繰り返す中で、考えていたのは「先月できてなかったけど、今月できるようになったことが、私にあるだろうか」ということ。

そう考えた瞬間、子どもを怒っている自分がものすごく恥ずかしくなって、悔しくなりました。

だから私は、自分を成長させるために意識をして、いつまでも努力をしようと決めました。

1% is 100% better than 0%.

毎日1%成長することは、0%より100%良い!

めっちゃいい言葉じゃないですか?

クリスの部屋はいつも私を応援してくれるように感じます。

こんなふうに成長し続けたいと思わせてくれた我が子に、猛烈感謝!

お問い合わせはこちら

サービスに関する質問などは、お気軽にLINEでお問い合わせくださいね!

友だち追加

関連記事