おうちの片付け

リビングに子どもと使えるワークスペースをつくりたい!【オンラインでインテリアの相談をしました】

「何かしたい」時に、大人も子どももすぐにクリエイティブな活動ができるスペースをリビングに作りたい!と考え始めてから、3週間でスペースが完成しました。

もともと上の子が小学生になるタイミングで、ワークスペースを作ることのイメージはありました。よく考えると私自身が現在在宅で仕事をしているので、小学校入学を待つ理由が無い気がしたので動き始めることにして、大正解でした。

あいおが

善は急げ!

リビングにワークスペースを作る理由

ダイニングテーブルで勉強するという選択肢もある中で、ワークスペースを用意したいと思ったのは「場所」と「自分がやること」を紐づけて、気持ちの切り替えをしやすくしたかったからです。

我が家のダイニングは椅子がソファのリビングダイニングのタイプで、リラックスするための設計になっています。「勉強」や「お絵描き」をするときに、使いづらいのは否めません。

場所を別に用意することで、食事やリラックスする場所ではないと認識でき、気持ちの切り替えがしやすくなるので、ワークスペースを整えることを決めました。

あいおが

母もダイニングでは集中途切れやすいのです。

やったことの流れ

1.画像集め→路頭に迷う

スペースを作りたいと思ってから色々と画像を集めてみましたが、具体的なアクションがなかなか決められませんでした。

子どもは楽しいおもちゃ王国。カーテンのボリュームも気になる。

イメージ画像と実際の部屋を見比べる。大量にあるおもちゃや、好みと合わないカーテンを見て

「どこから手をつければいいんだろう?」

とモヤモヤ。

2.インテリア相談を申し込む

そこでインテリアのオンライン相談に申し込み。

何か問題解決をしたい時って、ついお店に行ってみたり、ネットショッピングに走ってしまいがちです。

「買えば満足するぞーうっしっし😁」

と脳の報酬系がささやき、お店に行けば店員さんに相談出来て解決しそうな気がする・・・。

しかしどうしてもお店に行くと「買うことありき」になりやすい性格。売る立場ではない、フラットな視点を持った方のアドバイスが欲しいと思っていたので、インテリアオンライン相談に申し込みました。

3.相談までにやったこと

  • インテリアコーディネーターさんに現状の写真を送る
  • 理想のイメージに近い写真を集めて送る
あいおが

こんな時にPinterestは便利〜!

4.オンラインでインテリアの相談

インテリアコーディネーターさんとじっくり話す、という経験は初めてだったので、ドキドキしました。今自分が何のためにワークスペースを作ろうとしているのか、その辺の背景も話しながら、着々と「どうすればいいか」が明確になっていきました。

・南側の窓に向かってデスクを配置するとおそらく眩しい(今は良くても夏は…?)

・カーテンは2枚でなければならないというルールはない

当たり前の話ですが、こういう時にテレビ電話のシステムは本当に便利です。実際に部屋を見ていただきながらここが、あそこが、と指差しながら話せます。

テキストだとちょっと億劫になってしまうようなやり取りも、一瞬で伝えられて「むしろ店に行くより気軽に家の中のことを理解してもらえていいのでは?」と感じました。

5.相談して決めたこと

  • デスクの向き 
  • カーテンを見直す
  • プラレールの棚を撤去すること 
  • おもちゃを減らすこと 

とはいえ、一気に全部やるのは難しいです。

何かをその空間から減らして数日過ごしてみる、などできることをすこし試して様子を見ながら、進めていくのが良いというアドバイスをいただきました。

相談した日に、すぐにグリーンのカーテンを外してみました。すると、ボリュームが減ってかなりすっきり見えました。

外してみて気がついたのは、レースのカーテンも機能性が高いものだったこと。光も適度に抑えてくれるし外から丸見えで困ることもなかったです!

あいおが

カーテン外して様子見る、っていう発想はなかった…!

6.プラレール棚を外し、おもちゃを減らす。

息子と一緒におもちゃを減らしました。

「買ってくるのは簡単だけど、手放すのって大変だね〜」と声かけをしながら。

空っぽになったプラレール棚

7.IKEAオンラインで注文

その後 IKEAオンラインで必要な家具を注文しました。

IKEAで買ったもの

相談の中で、照明を替えるとお部屋の雰囲気がかなり変わるという話も聞いて、やる気を出して探していたのですが、欲しいと思ったものが売り切れだったのでまたの機会に。

あいおが

インテリアと恋に焦りは禁物!

求めていた空間が完成

そしてついに、オンライン相談を申し込んでから3週間で、自分の求めていた空間が完成しました。

After こどもと並んで何かしらできます
Before

明るいリビングと繋がった部屋で仕事ができ、それを見て子供も何か絵を書いてみようかなとか、勉強したいなとか、思ってくれると嬉しいです。

結果を出すには、専門家に聞くのが1番

「ワークスペースどうしようかなー」

と考えるのはとても楽しいことでした。でも、頭の中で一人でぐるぐるしていても、実は何も進んでいなかったりします。

求めている結果=お気に入りのワークスペースで子どもと過ごす

これを叶えるためには、実際に動かなければいけません。

今回、3週間の間にここまでの結果が出たことに私自身がとても驚いています。人の力を借りることの大切さに改めて気づくことができました。

インテリア相談はこちら

今回、相談をお願いしたのはインテリアコーディネーターの山本泰子さんです。相談1回で、ものすごく考えがまとまりました。とても話しやすい雰囲気と、こちらの考えを引き出してくれるカウンセリングで話している間もとても楽しかったです!

インテリアコーディネーター山本泰子さんのインテリア相談お申し込みはこちら

片付けの相談はこちら

あなたの片付けも、少し他の人の視点が入るだけで、一気に進められるかもしれません。

オンラインの片付け相談、モニター価格でさせていただいておりますので気になる方はご連絡くださいね。

オンライン片付けカウンセリング1時間+1ヶ月テキスト相談(2021年4月コース) 「片付けたい」を片付けて、理想のおうちに近づく 子育てをしながら仕事をしていて、このようなお悩みはありませんか? 家を片付...
お問い合わせはこちら

サービスに関する質問などは、お気軽にLINEでお問い合わせくださいね!

友だち追加

関連記事